七尾市・N邸

床下の通気が悪かった為、押入内部がジメジメ、床はベコベコ。

床下に防湿コンクリートを施し、通気口を増やして風通しを良くすることで床下の湿気を遮断。そして床下に構造合板を張り、床の強度をアップ。 窓ガラスも複層にし、冬でも暖かい室内空間に。

ダイニングキッチンには、コンパクトながら使いやすさ抜群のI型キッチンを配置。

キッチン横には広い洗面室があり、勝手口とも繋がっている為、洗濯を干すのにとっても便利です。

浴室もユニットバスを採用し、とても温かくなりました。

住宅設備機器を一新し、快適で使いやすい水まわり空間となりました。

竣工/2011年11月